Linux上でrtl8812auチップのUSB-WIFIサポート

今回は日本語でブログを挑戦してみます。なぜかというと、今回共有したい情報は既に英語で書いているブログがありますが、日本でも役に立つと思います。

トピックはLinuxの上にrtl8812auチップのwifiサポートです。rtl8812auのUSBWifiは現在Linuxでサポートされていませんため、ドライバーはインストールする必要があります。ドライバーをインストールしましたら、日本で売っているGW-900Dシリーズの無線LAN子機でも使います。

http://www.planex.co.jp/products/gw-900d

PlanexでLinuxドライバーを提供していますが、簡単にインストールはできません。そのため、次のブログをお勧めします。

http://blog.danielscrivano.com/installing-rtl8812au-on-linux-for-wireless-dual-band-usb-adapters

英語で書いているので、日本語で簡単説明します。全てのコマンドはTerminalからです。

1. ビルドできるため、次のソフトをインストール

$ sudo apt-get install linux-headers-generic build-essential git

2. ドライバーのコードをダウンロードする

$ git clone https://github.com/scrivy/rtl8812AU_8821AU_linux.git

3. ドライバーをビルドする

$ cd rtl8812AU_8821AU_linux
$ make

4. ドライバーをインストール

$ sudo make install
$ sudo modprobe 8812au

上の手順はUbuntu14.10でテストして確認できました。以上になります。USBWifiを挿して、使いましょう!かなり簡単で、LinuxでPLANEX-GW-900Dでも使えます!

Tagged with: ,
3 comments on “Linux上でrtl8812auチップのUSB-WIFIサポート
  1. alstje says:

    GW-900Dを親機として使おうと思ってるのですが、hostapdが動いたか確認してたりしてますか?
    rtl8812auなら動くと思うですが。

    • dave says:

      すみません、hostapdが確認できていません。確かに動くと思うけど、確認が必要になります。

  2. alstje says:

    同じチップの別機器買って、hostapdが動くことが確認できました。
    ですが、802.11acとしては無理でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*