Author: dave

DKMS: version magic $old_kernel mod_unload modversions should be $new_kernel

Upgrading from Ubuntu 16.10 to 17.04, I found that the wireless usb dongle built with DKMS to use the 8812au module no longer works. ‘dmesg’ shows the following error: [ 429.307856] 8812au: version magic ‘4.8.0-46-generic SMP mod_unload modversions ‘ should

Display Chinese and Japanese Characters in Team Fortress 2

Playing TF2 on Linux is great, but Japanese characters fail to display by default. I found the following font package allows Chinese and Japanese characters to be displayed. On Ubuntu 16.10: sudo apt install fonts-wqy-zenhei Other distros or older Ubuntu

問題:新しいシステム パーティションを作成できなかったか、既存のシステム パーティションが見つかりませんでした。

気分転換で、Windows10をデスクトップにインストールしようとしたら、パーティションを選んでインストールするところで、次のエラーが発生しました: 新しいシステム パーティションを作成できなかったか、既存のシステム パーティションが見つかりませんでした。 私の場合、マザーボードに複数のディスクを接続して、その中にLinuxOSなど入っていました。そのせいで、Windowsインストーラが迷ってきたようです。解決方法、単に使わないディスクを切断することです。そうしましたら、インストールは無事に終わります。 ちなみに、インストール後で、切断されたディスクを再接続しても起動に影響ありません。

Postfix: Lost Connection After AUTH from Unknown

I thought I would give Windows 10 a try, and found that while any client can receive email from my mail server, sending mail via Submission (port 587) would always fail with the following error within mail.log. Lost Connection After

Mount remote file shares on a wireless network.

Working with my Raspberry Pi, one issue I always had was mounting my remote Samba server after the wireless was up. There are a couple ways this can be completed, but I find a simple script running after the wifi

“The system is running in low-graphics mode” error upon Ubuntu Upgrade (Nvidia Graphics Card)

I found this issue today while upgrading my Ubuntu desktop from 14.10 to 15.04. The upgrade went by smoothly, until I rebooted and X failed to start with the dreaded error message: “The system is running in low-graphics mode”. I

Linux上でrtl8812auチップのUSB-WIFIサポート

今回は日本語でブログを挑戦してみます。なぜかというと、今回共有したい情報は既に英語で書いているブログがありますが、日本でも役に立つと思います。 トピックはLinuxの上にrtl8812auチップのwifiサポートです。rtl8812auのUSBWifiは現在Linuxでサポートされていませんため、ドライバーはインストールする必要があります。ドライバーをインストールしましたら、日本で売っているGW-900Dシリーズの無線LAN子機でも使います。 http://www.planex.co.jp/products/gw-900d PlanexでLinuxドライバーを提供していますが、簡単にインストールはできません。そのため、次のブログをお勧めします。 http://blog.danielscrivano.com/installing-rtl8812au-on-linux-for-wireless-dual-band-usb-adapters 英語で書いているので、日本語で簡単説明します。全てのコマンドはTerminalからです。 1. ビルドできるため、次のソフトをインストール $ sudo apt-get install linux-headers-generic build-essential git 2. ドライバーのコードをダウンロードする $ git clone https://github.com/scrivy/rtl8812AU_8821AU_linux.git 3. ドライバーをビルドする $ cd rtl8812AU_8821AU_linux $ make 4. ドライバーをインストール $ sudo make install $ sudo modprobe 8812au 上の手順はUbuntu14.10でテストして確認できました。以上になります。USBWifiを挿して、使いましょう!かなり簡単で、LinuxでPLANEX-GW-900Dでも使えます!

Tagged with: ,

Configuring Japanese Input in Gnome (Debian/Ubuntu)

I tested this on Gnome2 with Debian 7.0, but it should transfer over to other distros. Step 0. (Optional) Setup Japanese Keyboard From the Regional and Language Setup, click on the “+” and find your keyboard. In my case, it

Working with ownCloud on Ubuntu

For the past couple of months, I have been working with ownCloud . For those who do not know, ownCloud is a program that you can run on top of a web server to create your own cloud.  For anyone

Releasing tz-converter: A simple time zone converter tool.

I am happy to release a tool called “tz-converter”. Written in Python and using Pyside, this tool is to provide a simple front-end for converting the time between two time zones. I have to make a lot of time conversions

Top